What's Canoe-bu ?

 

さんは、「カヌー」と聞くと、どんなものを思い浮かべますか? 川をくだるようなカヌーでしょうか?

それとも魚を釣るような、船でしょうか?  私たち、「神戸大学体育会レーシングカヌー部」では、

数あるカヌーの中でも、「レーシングカヌー」と呼ばれるもっともスピードの出るカヌー競技に、

取り組んでいます。「レーシングカヌー」は、別名「フラットウォーターレーシング」とよばれ、

その名の通り静水上(Flat Water)での直線コース(1000m,500m,200m等)を

漕ぎきる速さを競い合います。  欧州ではメジャーな種目で、オリンピック種目にもなっています。 

「ヨーイ、どん」で走る徒競走をイメージしてもらえばわかると思います。

さらに、「レーシングカヌー」には、男子種目が「カヤック」、「カナディアン」の2種目、

女子種目が、「カヤック」のみの、計3種目に取り組み、マネージャを入れて活動しています。

 の写真がカヤックです。 

 艇には座って乗り込み、船体の両側を、

 交互に漕ぎます。 また、ラダーと呼ばれる

 舵が付いていて、それを足で操作することに

 よって進行方向を変えていきます。

 一般に、カナディアンより速いといわれます。

 

の写真は、カナディアンです。

見ての通り、膝をついて乗り、艇の片側を

漕ぎます。 こちらには舵が付いていないので

パドリングだけで操舵を取ります。 そのため

操舵に技術の差が顕著に現れやすくまた、

横風の影響を大きく受ける種目でもあります。

 

らに、それぞれの種目が、「シングル」、「ペア」、「フォア」という種目に分かれていています。

これは、艇が何人乗りかということを表していて、それぞれ一人、二人、四人乗りであることを表します。

 ちらが、カヤックのペア、「K−2(ツー)」です。

 ちなみに女子の場合は、「FK−2」といいます。 

 ペアは、前と後ろのパドリングが合うかどうかが

 勝負を分けます。 シングルと同様、舵が付いて

 いますが、操作をするのは前の人だけで、後ろ

 には、舵は付いていません。

 

して、カナディアンのペア、「C−2]です。

カナディアンの場合は、片側しか漕がないので

操舵に有利な関係で「右漕ぎ」と「左漕ぎ」で

ペアを組むのが基本です。舵はほとんど後ろ

が取ります。言うまでもなく、二人の意気が、

合わなければ艇は進みません。

 

 

 っともスピードの出るレーシングカヌーが、この

 「K−4(フォー)」です。艇は非常に細長く、

 全長は11mにもなります。                                            

 各大学を代表する4人で行われる種目のため、

 出場するということは大変、名誉なことであり

 憧れでもあります。

 

後ですが、カナディアンの「C−4」です。

やはり、ペアと同様に左右交互に乗ります。

その大きさはカヌーの中でも最大で、重量

約30Kgにもなります。

世界選手権やオリンピックでは、1レースでも

艇が壊れることがしばしばあります。

 


て、神戸大学体育会カヌー部の大まかな組織構成について説明します。

私たち「カヌー部」には、幹部の他に大臣職と言うものがあります。

大体名前から、仕事を創造してください。

 

以上のような組織構成で、「インカレ表彰台」を目標に、選手・マネージャー、一丸となって日々練習に励んでいます。

しかし我がカヌー部はこれだけではない、大小さまざまな地下?組織が存在します。

現在の19代目カヌー部は以下のようなメンバーで成り立っています。

監督 : 丸山一二監督

顧問 : 大谷恭弘先生

主将 : 新井達也

副将 : 松宮知朗(カヤック長)

    : 石東純平(カナディアン長)

      : 深田ちひろ(女子カヤック長)

主務 : 島田恵

副務 : 

会計 : 野島悟史

同補佐: 

学連理事: 柳澤達彦、置塩ゆかり、遠藤健太